人工透析内科

人工透析内科

日本腎臓学会認定教育施設取得
日本透析医学会教育関連施設取得

人工透析内科のご紹介

人工透析内科のご紹介

透析医療を必要とされる患者様の数は、年々増加していく傾向にあります。糖尿病性腎症を中心に、患者様を透析に至らないように治療していこうという行政の試みに見られるように、それは社会的にも大きな問題となっております。
人工透析内科では腫瘍、結石を除く腎臓に関する検査、治療(血液浄化療法を含む)、指導を行っております。
急性腎障害の患者様には速やかな治療を、慢性腎臓病の患者様には腎不全の進行を1日でも遅らせることを診療の目標としております。
また入院での透析導入や急性腎障害に対する透析、他科治療での入院中の維持透析も行っております。高血圧、高脂血症、糖尿病、心不全を合併された患者様が多く、関連他科医師との連携を大切に考えております。

人工透析内科の特色

人工透析内科の特色

外来ではできるだけ時間をかけて説明、指導、生活環境調整を行うことをモットーとしております。
慢性腎臓病の患者様には腎不全の進行を1日でも遅らせるべく、入院が必要な検査や、時間をかけた指導を行うべく6泊7日(日数相談可)の慢性腎臓病教育入院を行っております。
その他、急性・慢性腎臓病治療、血液透析導入、透析患者様が入院加療された際の維持透析、集中治療室で持続血液透析濾過療法、アフェレシス(エンドトキシン吸着、血漿交換など)を行っております。

当院で透析導入された患者様の退院後の通院透析は、
法人内の京都田辺記念病院を中心にご紹介させていただきます。
(無料送迎サービスあり)

腎不全外来のご案内

~ 一日でも腎不全が進まないように ~

腎不全外来では、慢性腎臓病の患者様を中心に診療させていただき、腎不全の進行を1日でも遅らせることを診療の目標としております。具体的には、検査、加療のみならず、服薬指導、栄養指導、血圧手帳による日常生活の管理指導なども行っております。

主な対象疾患

蛋白尿、血尿、健診の二次検査
急性・慢性腎不全精査、治療
腎不全に対する栄養指導、生活相談
慢性腎臓病教育入院のご案内・維持透析導入のご相談
京都田辺記念病院透析センターへの
維持透析の転院のご相談(木曜日)

腎不全外来は火・木・金の週3回で完全予約制となっております。
火曜日、金曜日は乾 医師、萩原 医師による慢性腎臓病管理、
木曜日は京都田辺記念病院透析センターへの維持透析の転院のご相談を中心に行っております。

火・金 13:30~15:30
【担当】乾 医師/萩原 医師

木 15:00~16:30
【担当】畑 医師
※京都田辺記念透析センターでの維持透析のご相談

入院治療のご紹介

慢性腎臓病教育入院

教育入院では心臓超音波検査、頸動脈超音波検査、下肢血流のチェック、24時間血圧測定、睡眠時無呼吸検査、腎不全に関するDVDならびにテキストによる指導を行っております。
患者様各々のデータや生活環境に応じた栄養指導や薬剤指導も大切に考えております。
ご入院中の腎不全食の味付け、量を覚えていただく事も教育入院の大切な目的です。そして退院された後の生活も考え、自己トレーニングを視野に入れたリハビリテーション、メディカルソーシャルワーカー(MSW)から患者様のご状態に合わせた社会資源の活用(介護認定、身体障害者手続き、地域のケアマネージャーとの連携など)のご提案をさせていただいております。
地域柄、ご高齢の患者様が多く、お迎えなどご家族様のご都合にも配慮しております。小規模で行っている教育入院なので、アットホームに患者様個々のご状態に合わせて入院日数も内容もアレンジしています。

腎不全患者様の入院治療

教育入院以外にも、腎不全患者様の発熱や浮腫などの体調不全のための入院加療も行っております。

透析導入

残念なことに治療に励まれても、患者様が透析医療を必要とするご状態になられたときには、血液透析であれば当院で導入をさせていただき、腹膜透析、腎移植をご希望の患者様ならば他の医療機関へご紹介をさせていただきます。
透析に慣れ、生活環境が整いましたら、法人内の京都田辺記念病院透析センターなどの外来維持透析施設にご紹介させていただきます。

入院維持透析

外来透析患者様が、合併症の治療や手術などで当院にご入院の際の透析管理も行っております。
主科の医師、外来透析主治医の先生と連携を取らせていただきます。

急性血液浄化、持続血液透析濾過療法(CHDF)、
アフェレシス(エンドトキシン吸着療法、血漿交換など)

腎不全のご病状に応じて血液透析、持続低効率血液透析(SLED)、持続血液透析濾過(CHDF)を行っています。
下部消化管穿孔などによる敗血症にはエンドトキシン吸着療法(PMX)、重症肝障害に対しては血漿交換療法(PE)なども行っております

そして、入院のご病状によって継続してリハビリテーションを必要とされる際には、法人内の京都田辺記念病院回復期リハビリテーション病棟に転院の上、透析ならびにリハビリをお受けいただくことも可能です(審査あり)。
他科、地域の先生方と連携をとり、日常生活全般を含めた腎不全の治療に努めたいと考えております。

医師紹介

部長 乾 恵美

部長

乾 恵美(いぬい えみ)

[出身大学]
京都府立医科大学
[専門分野]
慢性腎不全 血液浄化療法
[専門医等]
日本泌尿器科学会指導医・専門医
日本透析医学会指導医・専門医
日本腎臓学会指導医・専門医
日本人間ドック健診認定医
日本医師会認定産業医
日本糖尿病協会療養指導医
緩和ケア研修会終了
TNT(TOTAL NUTRITION THERAPY)研修会終了
京都府立医科大学泌尿器科客員講師
部長代行

部長代行

萩原 暢久(はぎわら のぶひさ)

[出身大学]
京都府立医科大学
[専門医等]
医学博士
日本泌尿器科学会専門医・指導医
透析専門医
[所属学会]
日本泌尿器腫瘍学会
日本臨床腫瘍学会
日本透析医学会
日本腎臓学会

外来診療担当表

一覧を見る
診療科のご案内