外科・消化器外科

外科
消化器外科

外科・消化器外科のご紹介

外科・消化器外科のご紹介

当科は、日本外科学会・日本消化器外科学会の専門医制度指定関連施設であり、最新のevidenceに基づき、各疾患のガイドラインに準じた手術を中心とする消化器診療を行なっています。下記の通り胃から直腸まで消化器がんを中心とした腹腔内の幅広い疾患を診療の対象としています。
年間200例程度の手術件数がありますが、ほとんどの症例に対し積極的に腹腔鏡手術を導入しており体に優しい治療・根治性の高い治療を目指しています。
また、抗がん剤治療や緩和治療も行なっており患者様に寄り添う診療を心がけています。

主な対象疾患

消化器がん(胃がん、大腸がん、肝胆膵悪性疾患)、虫垂炎、
胆石症、鼠径部ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、食道裂孔ヘルニア、直腸脱、腸閉塞や腸穿孔といった救急疾患など

外科・消化器外科の特色

外科・消化器外科の特色

当院には透析センターを備えた京都田辺記念病院が近接しており、併存疾患を持たれている患者様が多く来院されます。多様な背景をもつ患者様に対し他科と連携し症例ごとにbestと考えられる治療を行なっています。
特に体に優しい手術である腹腔鏡手術は手術後の疼痛の軽減、体力の早期回復が得られるうえ、臓器や病変の解剖がより詳細に観察でき、微細操作も行えることから、根治性の高い手術が可能となります。最近ではより細い鉗子を用いる(細径鉗子)ことや一つの傷から複数のポートを入れる(単孔式手術)ことによって「より小さな傷」「より早い回復」を求め、minimally invasive surgery (低侵襲手術)を掲げています。

消化器がんセンター

京都田辺中央病院消化器がんセンターは地域の皆様に安心して消化器がん治療を受けていただくことを目的として昨年開設されました。患者様にとってより良い治療を模索するために、今までの枠組みではなく多職種がチームとなり多方面から専門的な治療や支援を行なっています。

消化器がんセンターの特徴

消化器内科と消化器外科が一つのチームとなり、連携をとることで患者様にとってより良い治療の提案を迅速に行うことが可能となりました。医師(内科、外科)、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、医療相談員などが各々の領域でのプロフェッショナルとして、患者様の抱える様々な問題に対し多方面からアプローチしています。大規模病院にはない距離の近さを生かして、多職種が患者様の情報を共有し、患者様とともに共通の目標を目指し治療やケアを行なっています。また、基幹病院やホームドクターと連携をとりあって地域での消化器がん治療の中核としての役割を担っています。

診療内容

がんの治療では根治性と機能温存のバランスをとることが重要です。内視鏡検査や画像検査を行って十分に病状、進行度を確認した上で、内視鏡治療や腹腔鏡治療など最も根治性を担保した中で機能温存に配慮した治療を提案しています。開発が進み効果が期待できるとともに多様化、複雑化する抗がん剤治療に関しても専門知識をもつスタッフが患者様をサポートしつつ行なっています。また、がんと診断された時から身体的な症状だけでなく不安などの苦痛を取り除く緩和治療の重要性が以前から言われています。当院では、はじめから様々な苦痛を取り除くようチームで働きかけ患者様らしい生き方ができるよう支援しています。個々の症例に合わせて適したと考えられる治療の選択肢を提示して十分説明し理解していただくとともに患者様の生き方、考え方に合わせて治療方針を決定するようにしています。

外来化学療法室

がんの治療には手術療法・放射線療法・薬物療法などがあります。薬物療法には抗がん剤を用いる化学療法、ホルモン療法、免疫療法があります。これまで抗がん剤治療は入院治療が一般的でしたが、安全で有効性の高い抗がん剤や、短時間で実施可能な治療法の開発、副作用対策の進歩により、外来でも安全にがん治療を受けることができるようになりました。外来化学療法のメリットとして、入院治療での経済的負担が緩和されるだけでなく、患者様の仕事や家事などの生活スタイルを変更することなく治療を受けることが可能です。また、化学療法室には、がん化学療法看護認定看護師が在籍し、抗がん剤治療に伴う副作用や気掛かりを相談することができ、患者様やご家族の不安の軽減に努めています。帰宅後、自宅で体験する副作用に対しても随時電話等で相談に応じ、必要に応じて様々な職種の医療スタッフと連携を図っています。

がん診療支援外来

消化器がんだけでなく、他のがん種における緩和的治療を行っています。がんに伴う苦痛は様々であり、痛みや倦怠感などの身体的苦痛の緩和だけでなく気持ちの安定が図れるよう精神的な支援や在宅療養生活を送る上での環境整備などを医師、看護師、薬剤師、MSWなどのがん医療に関連する様々な部門との連携を図っています。統合的なチーム医療を行うことで患者様の“その人らしい生活”が送れるように支援します。また、患者様でだけでなく、ご家族に対しても介護負担に関するお悩みや相談事も承っており、患者様とご家族と一緒に今後の療養生活について考え、お手伝いをさせて頂いています。

がん診療支援外来

医師紹介

副院長 外科部長 野口 明則

副院長 兼 外科部長

野口 明則(のぐち あきのり)

[出身大学]
京都府立医科大学
[専門分野]
一般外科/消化器外科
[専門医等]
日本外科学会認定外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
近畿外科学会評議員
[所属学会]
日本外科学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/
日本内視鏡外科学会/日本腎癌学会/日本乳癌学会
外科医長、消化器外科センター長 井上 浩志

消化器がんセンター長、外科医長

井上 浩志(いのうえ こうじ)

[出身大学]
京都府立医科大学
[専門分野]
一般外科/消化器外科
[専門医等]
日本外科学会認定外科専門医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医
[所属学会]
日本外科学会/日本消化器外科学会/日本臨床外科学会/
日本内視鏡外科学会/日本肝胆膵外科学会/
日本胆道学会/日本外科感染症学会
外科医員 山田  一人

外科医員

山田 一人(やまだ かずと)

[出身大学]
大阪医科薬科大学
[専門分野]
一般外科/消化器外科
[専門医等]
日本外科学会認定外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医
消化器がん外科治療認定医
[所属学会]
日本外科学会/日本消化器外科学会/日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会

外来診療担当表

一覧を見る
診療科のご案内