小児外科

小児外科

小児外科のご紹介

小児外科は新生児から中学生頃までの子どもの病気を手術で治療する診療科です。対象となる疾患は、虫垂炎や鼠径ヘルニアといった比較的よく見られるものから、新生児期の先天的な消化管奇形や呼吸器疾患まで様々です。

子どもは小さな大人ではないとよく言われますが、実際成人と比べて同じような疾患であっても治療方法や手術方法は異なる場合も多く、その後の経過も長くなることがあります。また、高校生以上の患者様でも、小児外科特有の疾患の場合は小児外科で治療を行います。

主な対象疾患

鼠径ヘルニア、停留精巣、臍ヘルニア、急性虫垂炎、
腸重積症、難治性便秘症、肛門周囲膿瘍、耳前瘻孔、
正中頸嚢胞、直腸肛門奇形、胸部変形、小児固形腫瘍 など

小児外科の特色

京都田辺中央病院では、2020年11月から小児外科医が常勤となりました。当院でも小児外科の入院や手術ができるようになり、お子様やご家族の家に近い場所で治療を受けることができるようになりました。現在、年間約30例の手術を行っています。

しかし、新生児期の手術や大きな手術が必要なときは、設備の整った専門施設での治療が必要です。当科では京都府立医科大学小児外科と連携し、必要時には相談・転院搬送ができる体制を整えています。

安心して、お気軽にご相談ください。

医師紹介

小児外科副部長 加藤 久尚

小児外科副部長

加藤 久尚(かとう ひさたか)

[出身大学]
京都府立医科大学
[専門医等]
日本小児外科学会小児外科専門医
日本外科学会外科専門医
[所属学会]
日本小児外科学会
日本外科学会
日本小児血液・がん学会
日本周産期・新生児学会

[応援]田尻 達郎 九州大学 教授

外来診療担当表

一覧を見る
診療科のご案内